鶯谷

住みやすさ指数(5点満点中)
2.2
  • 台東区
  • 「鶯谷」はこんな街です

    • 総合:独身男性には最高なんじゃないでしょうか
    • 治安:駅東側は女性注意!襲われます。治安が心配なら駅西側に限る
    • 家賃:駅西側は非常に高い。駅東側もそれなりに高い
    • 買物:東日暮里のマルエツかいなげや
    • 食事:貧乏オヤジの味方信濃路鶯谷店他居酒屋多数
    • 外人:ほぼ韓国人か中国人、東南アジア系
    • 文教:東京芸術大学
    • 医療:吉原の台東病院とか
    • 交通:山手線、京浜東北線(快速通過)、最寄りに日比谷線入谷駅
    • 災害:駅東側は住宅密集地域なので火災に注意

    山手線不人気駅No.1!ラブホ街のイメージしかありませんが…

    台東区 鶯谷

    山手線沿線で最も不人気駅とされている鶯谷駅。その理由はわざわざ説明するまでもなく分かる事であるが一応までに申し上げておくと駅の東側一帯が東京都内でも屈指の「大人の街」となっているからだが、もうこの事だけで常識人はこの駅の最寄りには住もうとしない。

    しかしよくよく見れば台東区根岸界隈はその昔、江戸時代末期から明治に掛けては「根岸の里」と呼ばれ正岡子規ら文人が数多く暮らしていた文化の香り漂う街でもあり、戦前には根岸三業地という花街も栄えていた場所である。

    台東区 鶯谷

    そういった文化的素地がありながらも今のようなお下品極まりない街に変貌した現在、この駅を最寄りに住もうと考える人間はよっぽど居ないには違いないのだろうが、一方で駅西側を見ると上野公園や寛永寺の広大な敷地が広がっているものの、寛永寺と谷中霊園に挟まれた上野桜木は地味に高級住宅街(相対的な表現です)で、下町だらけの台東区で最も台東区らしくない街並みが形成されている。

    上野桜木なら賃貸物件となるマンションもそこそこあるし、意識高い系下町観光地の「谷根千」や東京国立博物館、上野公園にまでも歩いて行ける地の利の良さもあるが、地価もその分跳ね上がる。

    大人の街という事実は認めざるをえない鶯谷駅の東側

    台東区 鶯谷

    鶯谷駅東側一帯に広がるラブホ街がどれだけ凄いのかについては既に当取材班が何度も現地に訪問したはその状況をレポートしている。なにせ町中至る所に「悪質なポン引 街娼が増えてます」の警告看板が置かれているような街だ。どんな人種がこの街に集まるか想像も容易いことだろう。

    こうした「人の欲望丸出しの街」が好きという人も中にはいるのだろうが、普段遣いで鶯谷駅を利用したいと思う奇特なお方でなければ周辺に日暮里駅や日比谷線入谷駅もありますので、そちらの近くで探されてみてはどうでしょうか。

    その他、鶯谷駅周辺の写真集

    台東区 鶯谷

    鶯谷駅ホームからも見える怪しいネオンサイン。言うまでもなく都内屈指のホテル街。ざっと数えて40軒くらいある

    台東区 鶯谷

    言問通り沿いに出てもやはりソッチ系の案内所といった店舗が目立つ。そりゃ不人気駅ナンバーワンにもなるわい

    台東区 鶯谷

    南口に近い陸橋寄りの一画にオツな飲み屋街が密集している。オヤジに大人気の立ち呑み焼き鳥屋「ささのや」がある

    台東区 鶯谷

    上野桜木住民が利用する言問通りの陸橋付近。どうしても如何わしいゾーンを通らねばならない。昼間はいいが夜はちょっとね…

    台東区 鶯谷

    文人正岡子規も住んでいた文化漂う根岸の里、どうですか。明治時代の話ですけどね

    鶯谷駅周辺の地図

    鶯谷駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。