中野新橋

住みやすさ指数(5点満点中)
3.0
  • 中野区
  • 「中野新橋」はこんな街です

    • 総合:駅周辺の発展度の低さと中野坂上乗り換えが苦でなければ
    • 治安:未解決殺人事件が起きている。過去にはウ○コ煮込みおじさん騒動も
    • 家賃:丸ノ内線支線である分若干お安いです
    • 買物:駅近くにマルエツ、弥生町の川島商店街とオリンピック
    • 食事:チェーン店系中心に駅前にぽつぽつあるがバリエーションに乏しい
    • 外人:特徴なし
    • 文教:東京大学教育学部附属中等教育学校
    • 医療:町医者中心
    • 交通:丸ノ内線方南町支線
    • 災害:駅前を神田川が流れる。住宅密集地域

    相撲部屋と元花街とウ○コ煮込みおじさんの街

    中野区 中野新橋

    中野坂上から分岐する丸ノ内線方南町支線でひと駅先にある中野新橋駅。駅名の通り、駅前には赤い欄干が特徴的な「新橋」が掛かっており、港区の新橋と混同しないよう「中野」の地名を冠している。戦後の頃まで花街として栄えていたともいう地域だが、他の三業地とは異なり現在はその面影すら探すのも難しい。

    中野区 中野新橋

    やはり相撲界の名門「貴乃花部屋」があるのがこの街の誇りか。商店街の街灯にもスモウレスラーのシルエットが刻まれているあたり「相撲の街」を実感できよう。確かに街を歩くと恰幅のいいお相撲さん達の姿を見かけるのである。

    しかし方南町支線はご存知の通り、基本的には中野坂上から方南町までの区間を三両編成で運行している故、車庫のある中野富士見町から直通運転する電車を除けば中野坂上での乗り換えが必須。この不便さが災いして駅周辺の発展度もなんだか微妙。その分家賃相場は丸ノ内線の新中野~荻窪間に比べても一回り安くなる。

    まあこの辺なら終電を逃してもタクシーで2000円以内、その気になれば新宿から歩いて帰れる距離でもある。都心に近くお値打ちに暮らすのならどうでしょうか。

    ドラマロケで多用。レトロな下町風情ある「川島商店街」

    中野区 中野新橋

    中野新橋駅から徒歩5分の場所にある弥生町三丁目の「川島商店街」がこの界隈では商店街としての体を成している場所となる。駅からやや離れているのもあって、東京ではありがちなチェーン店が侵食する事も少なく独特の落ち着いた下町風情ある佇まいが残っている。それほど店が多い訳でもないが、普段の買い物には困らないであろう。

    決して栄えているというまでもない場所だが、逆にその事でテレビドラマのロケでよく使われている。俳優好きなミーハーな趣味をお持ちの方は如何でしょう。

    中野区 中野新橋

    しかしこの川島商店街が地獄の底に叩き起こされた悲劇の出来事があった事を決して忘れてはならない。商店街近くの民家に住むおじさんが困った事に自宅の庭で排泄物を煮込んだりして周囲に悪臭を撒き散らした事件があったのだ。この悪臭は川島商店街にまで流れ着き、その影響で店舗が営業できなくなる被害もあったという。

    2006年に東京都環境確保条例違反容疑で逮捕されるまでの3年半に渡り街中に悪臭を放ち続けた「ウ○コ煮込みおじさん」、今も同じ場所で暮らしているようだが、もう悪臭は漂って来なくなった。

    中野区 中野新橋

    また2015年8月に川島商店街近くのマンションに暮らしていた劇団員女性が殺害される事件が起きているが、現在犯人不明で未解決となっている。駅や商店街に近いと言っても遅い時間には人通りもまばらになるし、死角も出来やすい場所である。その意味では女性の一人暮らしにはあまり向かないかも知れない。

    その他、中野新橋駅周辺の写真集

    中野区 中野新橋

    中野新橋のシンボル、神田川に架かる「新橋」。艶めかしい赤い欄干が数少ない花街の残り香か

    中野区 中野新橋

    中野新橋駅前を南北に走る「ショッピングロード中新」。気の利いた店も少なく地味

    中野区 中野新橋

    弥生町三丁目の川島商店街。新宿西口から方南通りを走るバス利用が意外に便利

    中野区 中野新橋

    川島商店街は夕方6時を過ぎると殆どの店のシャッターが締まりこの通りの寂しさ。勤め人には利便性が欠ける

    中野新橋駅周辺の地図

    中野新橋駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。