本八幡

住みやすさ指数 3.7/5.0 満点中

  • 総合:かなり使える都営新宿線。多少の治安の悪さは目を瞑ろう
  • 治安:オヤジ狩り発祥の地。ヤンキーによる犯罪多し
  • 家賃:R14北側はお屋敷街でお高い。駅から南側に行く程安い
  • 買物:北口にオーケーストア、南口に西友とドンキ。あとコルトンプラザも
  • 食事:南口北口ともに多い。ラーメン屋、大衆料理店中心
  • 外人:中国人多め
  • 文教:昭和学院
  • 医療:町医者中心
  • 交通:総武線各停、都営新宿線、京成本線
  • 災害:特に無し

ジャガーさんも星に帰らず住み着いてしまった市川の便利な街

市川市 本八幡

JR総武線各停電車で千葉県に入ると2つ目にあるのが本八幡駅。隣の市川駅ではなくここ本八幡に市川市役所もあるし、市川市の中心かつ最も栄えているのはこの街である。

JR総武線、京成本線、それに都営地下鉄が唯一千葉県内に乗り入れていて、都営新宿線で新宿駅まで急行を使えば最短29分で行ける地の利の良さ。千葉県なのに東京の西側に30分以内で到達できる街は本八幡しかない。その交通便の良さ故に駅周辺は住宅地商業地ともに栄えている。京成本線を使えば成田空港にも行ける所も良い。

今や全国区となったチープなイタリアンレストランチェーン「サイゼリヤ」発祥の地がここ本八幡である事と、本八幡の生ける伝説として一部の人々に信仰されている「ジャガーさん」が住んでいる事は本八幡民の誇りであると言っていい。

ジャガー星からやってきたのに本八幡が気に入ってしまい星に帰れなくなったようだ。千葉県で音楽を目指す人物であれば誰もが知る存在。あのX JAPANのメンバーも下積み時代にはジャガーさんの世話になったという伝説がある。

市川市 本八幡

ジャガーさんの地球上での仮の姿として続けている事業の一つの洋服直し店が本八幡駅近くの蔦まみれの継ぎ接ぎ建築状態になっている怪しいビルの一階にある。宇宙船ジャガー号もこの建物の中にあるものとみられる。

オヤジ狩りとサイゼリヤ発祥の地・本八幡

市川市 本八幡

しかし便利の良い東京辺縁の街というのは埼玉や神奈川もそうだが、微妙な人種が住み着きやすいもの。本八幡はサイゼリヤ発祥の地であると共に「オヤジ狩り発祥の地」として知られている程に少年犯罪が多いヤンキーな土地柄であり、今でこそ鳴りを潜めているものの、それほど治安が良いという訳ではないので警戒を怠らないよう心掛けたい。

なお、落ち着いた環境が欲しいのなら国道14号線(千葉街道)の北側の地域を選ぶと良い。真間、菅野、八幡、鬼越などの京成本線の線路沿い辺りには古くから黒松並木に豪商の別荘が立ち並ぶお屋敷街となっていて「千葉の鎌倉」とも呼ばれていた地域。DQNなイメージとは無縁の空間である。逆に江戸川寄りや京葉道路に近い地域はおしなべて危険地帯だ。

市川市民の悩みである慢性的渋滞に目処は付くのか

市川市 本八幡

千葉県において市川・船橋といった東京寄りのベッドタウンとして栄えた地域特有の問題として道路事情の悪さが真っ先に挙げられる。戦後の宅地開発による急激な人口増加にインフラが追いつかなかった事が未だに市内各所での慢性的な渋滞問題を引きずっている。

特に酷いのが土休日で、本八幡周辺の場合はコルトンプラザ周辺の道路が糞詰まり状態となってイライラMAX必至。脇道に逸れようにも狭い一方通行の路地ばかりで、ともかく数少ない幹線道路である国道14号線ですら本八幡付近は片側一車線しかないという状況は泣ける。

市川市 本八幡

そんな状況を僅かにでも改善してくれるかと期待されているのが、ようやく千葉県内に延伸工事が始まっている東京外かく環状道路。既に大泉JCT~三郷南ICまで開通している有料道路「東京外環自動車道」が2017年に開通の見込み。市川市内に2つのICが置かれ京葉道路や東関東道と接続する予定である。

その他、本八幡駅周辺の写真集

市川市 本八幡

本八幡駅北口から京成八幡駅南側一帯の再開発エリアにはタワーマンションが乱立する

市川市 本八幡

本八幡民の財布の味方!ABS卸売センター本八幡店。スーパー玉出や業務スーパーもビックリの激安ぶり(本店は足立区辰沼)

市川市 本八幡

本八幡駅周辺には再開発を免れた車も通れないほど狭い路地がまだまだ残っている

市川市 本八幡

市川市役所向かい国道14号沿いにあるオカルトスポット「八幡の藪知らず」(不知森神社)。強烈な祟り伝説がある故ここだけ鬱蒼とした竹藪のまま

市川市 本八幡

晩年の永井荷風も常連だった京成八幡駅前の「大黒家」。荷風が食ってたカツ丼・味噌汁・上新香・酒一合の「荷風セット」が名物

本八幡駅周辺の地図

本八幡駅
The following two tabs change content below.
DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

最新記事 by 逢阪 (全て見る)