三河島

住みやすさ指数(5点満点中)
2.4
  • 荒川区
  • 「三河島」はこんな街です

    • 総合:街の賑やかさには欠ける。下町と韓国好きならどうぞ
    • 治安:夜は人通り少なく不気味
    • 家賃:日暮里駅周辺よりもお安め。韓国人入居物件多数
    • 買物:駅前のマルエツ、荒川仲町通り等。韓国食材は丸萬商店他
    • 食事:韓国料理店、焼肉屋以外のものを探すのが難しい
    • 外人:在日韓国・朝鮮人多数。朝鮮学校もある
    • 文教:皆無
    • 医療:町医者中心
    • 交通:常磐線快速のみ。日暮里駅、京成本線新三河島駅も徒歩圏
    • 災害:住宅密集地域なので火災に注意

    ガチな空気が張り詰めるオールドコリアタウン

    荒川区 三河島

    上野から常磐線に乗ると日暮里の次にあるのが三河島。常磐線の15両車両に対応しているためにやたらと糞長いホームを降りると人影はまばらで、とても都内とは思えない寂寥感漂う光景だ。古い世代には昭和37(1962)年に発生、160人が死亡した悲惨極まりない「三河島事故」で知られる場所だが、今となってはホームから見える風景には廃校になった旧真土小学校があり、毎年ここで在日コリアン祭り「統一マダン東京」が開催されている通り、東京でも屈指のガチなコリアタウンだ。

    駅周辺は荒川区特有の細い路地にアパートが密集する街並みが広がり、韓国料理店や焼肉屋、朝鮮学校などわかりやすい目印がそこかしこにある。駅から東側の尾竹橋通りを渡った先、都電三ノ輪橋駅方面に連なる「荒川仲町通り」がこの地区では割と栄えている商店街である。ここもやはり韓国系の店が非常に多い。

    東京最古のコリアタウンは「済州島」にルーツが

    荒川区 三河島

    三河島は戦前より主に済州島から渡ってきた在日朝鮮人集住地として存在し、川崎おおひん地区、そして大阪の生野区や神戸の長田区に匹敵する歴史を誇る東京最古のコリアタウンである。当時から荒川区の地場産業である皮革関連産業に従事する人々が暮らしてきた街で、観光客が殺到する「韓流の原宿」新大久保とは対照的に、こちらはそんな浮き足立った人々の姿はどこにもない。

    三河島の街を歩くと屋号に「済州島」の名を掲げたテジカルビ専門店があるなど、やはり三河島に暮らす「在日」のルーツが済州島である事と無関係ではないのだろう。ちなみに大阪の生野区も同じく済州島出身者が多いコリアタウンである。

    西の横綱が鶴橋商店街なら東の横綱は「三河島コリアンマーケット」

    荒川区 三河島

    三河島駅北側の尾竹橋通り沿いに、うっかり通り過ぎてしまいそうになる程に目立たない外観のガチな「日本の朝鮮」を目にする事ができる場所がある。「三河島コリアンマーケット」と呼ばれているこの市場、昭和25(1950)年からこの土地で営業をしている市場で、奥行きはそれほどでもない小さな市場ながら、その突き当たりに創業60年を越える老舗韓国食品店「丸萬商店」がある。通常の韓国食品に加えて済州島名物の海藻「モン」(ホンダワラ)も販売されているのが特徴。

    荒川区 三河島

    その手前にある同店のキムチ工場の軒先にも、せっせとキムチ作りに勤しむアジュンマ達が忙しない様子で包丁さばきをしている姿を目にする事ができる。まんま本場韓国の市場の風景である。東京広しと言えどもこの町並みの濃さは大阪・鶴橋とサシで勝負出来そうな程だ。

    また、丸萬商店の脇から裏の路地に通り抜けが出来るが、そこにもハングルで書かれた仕立屋の店舗や韓国人の氏名が記された表札を掲げる家ばかりが連なっていて、ガチなコリアタウンぶりを実感できる。

    その他、三河島駅周辺の写真集

    荒川区 三河島

    路地裏にひっそり存在する三河島屈指の老舗ホルモン料理店「山田屋」もガチです

    荒川区 三河島

    喫茶店なのに何故かビビンバと冷麺が食える純喫茶「カフェテラスウィーン」で休憩を

    荒川区 三河島

    三河島コリアンマーケットの奥にはこのような通路が。チマチョゴリ仕立て店などがある

    荒川区 三河島

    三河島の韓国寺院「天日庵」(現存せず)。在日一世を中心に朝鮮独特のシャーマニズム信仰がある

    荒川区 三河島

    相変わらず韓国濃度高い荒川仲町通り。韓国食品店、韓国ビデオ店、韓国人向け民泊らしき家屋まである。

    三河島駅周辺の地図

    三河島駅

    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。