北浦和

住みやすさ指数 3.6/5.0 満点中

  • 総合:文教都市らしさは薄れるが子育て世代にはまずまず有難い環境
  • 治安:そこそこ良さげです
  • 家賃:浦和駅周辺より若干お安いが住所が常盤だと高くなる
  • 買物:西口にイオン、東口にマルエツ
  • 食事:豚の餌からイタリアンまで、駅前一帯に食い物屋が充実
  • 外人:それほど気になりません
  • 文教:埼玉県立浦和高校、さいたま市立浦和高校他
  • 医療:JCHO埼玉メディカルセンター他
  • 交通:JR京浜東北線
  • 災害:特になし

文教都市浦和の星・埼玉トップクラス進学校「浦高」がある街

浦和駅から京浜東北線で一つ先にある駅「北浦和」。ここも“文教都市浦和”の威厳に包まれた高偏差値タウンと呼べる街である。京浜東北線しか止まらない駅だけに駅前の発展具合こそは隣の浦和には劣るし駅前風景もちょっと田舎臭さが漂っているが、そんな事を住民は誰も気にしないくらいにこの街には自慢できる要素がある。

ちょっと昭和感の漂う北浦和駅東口から少し歩いたところに二つのエリート公立校が存在する。埼玉県立浦和高校、通称「浦高」、それからさいたま市立浦和高校、通称「市浦」である。どちらも公立校なのに偏差値は県立が74、市立が70という飛び抜けた高さで、埼玉にはごまんといる腐れヤンキーどもには到底手が届かない「天上界」。特に「浦高」は東大進学率も全国上位クラスである。

ただネックなのが約半数の電車が南浦和終点の京浜東北線が唯一のアクセス手段なので、電車が昼間10分に1本しか来ないといった不満点はあるにはある。だが北浦和の駅前には西口、東口両方ともそこそこ商店街も充実しており日常生活の不便さを感じる事はない。またその気になれば隣の浦和駅も徒歩圏である。

文教都市だの高偏差値タウンだの散々煽ってはいるが、商店街自体はいたって庶民的でお安い感じの食い物屋が揃っている。そんなに肩肘張らずに生活することもできる街である。個人的には南浦和の寒々しい感じの商店街よりもこちらに軍配を上げたい。パチンコ屋だの下品なテナントもちらほらあるが、西川口や蕨のようなダークサイドっぷりを放ってもいない。

北浦和駅西口に近い一画には文教都市浦和市民の憩いの場「北浦和公園」もあり休日には多くの家族連れの姿で賑わう。園内には「埼玉県立近代美術館」もあって、街の文化レベルの押し上げ役になっているわけだ。ダサイタマだとか馬鹿にされる埼玉だけど、浦和だけは特別なのよと胸を張る浦和市民。大宮と一緒くたにされて平仮名の「さいたま市」になった事に恨み節を挙げる人間も一部にはいるようだ…

駅前商店街のあちこちにある“昭和の残骸”

しかし駅周辺の商店街をうろつくとあっちこっちに昭和の残骸と呼べる物件が転がっているのが北浦和という街の側面である。特に気になるのが西口の線路沿いの古びた飲食店街。一階が食い物屋で二階がダンス教室…何十年前からあるんだよこれ。浦和という人気住宅地で、しかも駅前一等地でこれですもの。洗練された街とは言い難い。

そこから少し進むと「三州屋商店会」という昭和の飲食街がぽつんと残る不思議な一画が残っている。どこからどう見ても戦後の青線か何かの生き残りにしか思えないのだが、北浦和の裏名所として現役バリバリ。古い小料理屋の居抜きでフィリピンパブとか「洋食つくし」だとかが入っている。

駅東口の路地に入ると現れる「北浦和駐輪場」、パッと見は雑居ビルを駐輪場にしているのか程度の印象しかないが、よくよく見ると昭和の時代からキャバレー店舗として使われていた内装をそのまま居抜きで駐輪場にしてしまっているぶっ飛んだ物件である。こんな珍しい駐輪場は全国探しても北浦和にしかない。

その並びにあるラーメン屋「娘々」には昼間から土着のオッチャン達や学生が行列を作っている。さいたま市が地元B級グルメとして密かにアピールしている「スタミナラーメン」の名物店である。言うまでもなく地元民のソウルフードだが、同様のラーメンを出す店はさいたま市内や上尾市内などに複数存在する。

その他、北浦和駅周辺の写真集

文教都市面するには無理のある下品な店も結構多い北浦和。豚の餌ことラーメン二郎インスパイア系で埼玉県内に多く展開する「ジャンクガレッジ」の店舗もある

北浦和を代表する「西口銀座商店街」はなかなかの充実ぶり。商店街を抜けた先にはイオン北浦和店もある

駅東口の「平和通り」は若干賑わいに欠ける佇まいだが平和湯という古めかしい銭湯も現存

北浦和東口平和通りの入口でビラ配りに励む統一教会信者のおばさん。文鮮明の本をタダでもらえました

北浦和公園の中に置かれた「中銀カプセルタワービル」の住宅カプセル現物。銀座八丁目にあるビル自体は老朽化につき解体の危機

あと、北浦和がらみの何か


The following two tabs change content below.
DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

最新記事 by 逢阪 (全て見る)