北千住

住みやすさ指数(5点満点中)
4.0
  • 足立区
  • 「北千住」はこんな街です

    • 総合:鉄道6線利用可能の激便利ぶりは足立区唯一。買い物も便利
    • 治安:ここは足立区です。お察し下さい
    • 家賃:足立区の中では最も高額。抑えたければ駅徒歩10分以上は覚悟
    • 買物:足立区なのにマルイがある圧倒的優位性。スーパーも多数
    • 食事:ときわ通り中心に呑み屋飲食店多数
    • 外人:ときわ通りの客引き姉さんみんな中国人ばっかりアルネ
    • 文教:東京電機大学、足立学園中学校・高等学校
    • 医療:町医者中心
    • 交通:東武伊勢崎線、JR常磐線、地下鉄日比谷線・千代田線、TX
    • 災害:荒川と隅田川の中州地帯。水害リスク高い

    足立区で唯一都市文明が発達している街。それが北千住

    足立区 北千住

    東京23区中最貧国地域として名高い「足立区」。ドヤ街・山谷を擁する台東区に次ぐワーストクラスの生活保護受給率を誇り、暴走族・DQNの多さ、粗暴犯の多さ、パチンコ屋の多さ等例を上げればキリがない程の地域だが、そんな足立区でも荒川の手前にあり唯一メトロポリタン東京の都市文明が行き渡っている街が「北千住」である。この街は隅田川と荒川という東京の二大河川に挟まれた中州地帯に広がる街で、江戸時代から日光街道の千住宿として開け、過去も現在も都心と郊外の結節点として発展を続けてきた街だ。

    東武伊勢崎線(意地でもスカイツリーラインとは言わない)、そして地下鉄は日比谷線と千代田線が、さらにJR常磐線とつくばエクスプレス、少し離れた千住大橋・関屋両駅を有する京成本線も含めて6つもの鉄道路線がこの中州地帯を走っており、足立区は常々鉄道不毛地域だと言われる中でも北千住だけは別格の利便性を有している。ここが足立区だというだけでも随分イメージ的に損している感じがしてならないが、北千住駅西口のペデストリアンデッキの上に立つと目の前の雑居ビルの壁に「あだちシティビジョン」が掲げられ、ここが足立区の首都である事を堂々とアピールしている。

    駅前一等地のドサクサ系呑み屋街「ときわ通り」が熱い

    足立区 北千住

    北千住駅西口のペデストリアンデッキを降りてマクドナルドの角から伸びる路地に入っていくとそこは「呑み横」などと呼ばれる「ときわ通り」という飲食店街。北千住駅周辺を代表する呑み屋街で、夕時には東武伊勢崎線や常磐線で都心から仕事帰りの途中に寄り道してきたようなサラリーマンがうじゃうじゃ闊歩しまくり、「関西風串カツ天七」「千住の永見」といった酒場は超満員の活況。そんなオジサン達を誘う怪しげなサロンもドサクサ紛れに点在しているのはご愛嬌。

    しかしよく見ればここ、地下鉄千代田線の駅の真上にあるんですよね。呑み屋街だらけと思ったら急に地下鉄の出入口が現れる。そこは千代田線ユーザーにとっては徒歩0分のオヤジ達の楽園でもある。

    落ち着いた感じの駅東口。足立区待望の大学キャンパスも登場

    足立区 北千住

    北千住駅の西口は繁華街ぶりがギラギラ派手派手しくてゴミゴミ感半端ないのだが、一方で東口に出ると此方側には「学園通り」という商店街があり、駅前から早速落ち着いた感じの住民の生活に即した店舗ばかりが立ち並ぶ光景に変わる。旧宿場町の中心も商店が充実しているのもやはり西口の方だし、どうしてもマイナー感が拭えない印象がある東口だが、ちゃんと連絡通路だってあるし東口住みでも不便を感じる事はない。

    そしてこの北千住駅東口に東京電機大学が2012年より「東京千住キャンパス」を開設。大学不毛の地、低学歴タウンとかねてからなじられ続けていた足立区の中心北千住に待望の大学キャンパスが現れるという変化が起こった。まあ、既に堀切駅前に「東京未来大学」というのがあるんですけどね…

    その他、北千住駅周辺の写真集

    足立区 北千住

    ときわ通りのソッチ系サロンは激安店ばかり。高円寺、大塚と並ぶアレな光景

    足立区 北千住

    もはや幻の存在となった伝説の某店舗。商店街の奥にひっそりとあった

    足立区 北千住

    大正モダン建築「大橋眼科医院」。実は昭和57年に再建されたもの

    足立区 北千住

    千住大門商店街。かつて千住柳町に遊郭があった

    足立区 北千住

    北千住駅東口の奥座敷「柳原」の商店街もオツ

    北千住駅周辺の地図

    北千住駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。