亀戸

住みやすさ指数(5点満点中)
3.3
  • 江東区
  • 「亀戸」はこんな街です

    • 総合:下町、団地、ホルモン大好きならどうぞお住み下さい
    • 治安:隣の錦糸町ほどではないがそれなりに悪い
    • 家賃:まあまあ高いがボロアパートを探せばそれなりに
    • 買物:伝説の激安スーパー、サンケイスーパーがあるのはここ亀戸です
    • 食事:亀戸ホルモン、亀戸餃子、高カロリー系が主食のような気がします
    • 外人:中国韓国多いニダアルヨ
    • 文教:皆無。
    • 医療:隣の錦糸町に出て墨東病院へ
    • 交通:総武線各停と東武亀戸線
    • 災害:一部住宅密集地あり

    駅前ホルモン屋だらけ、激安スーパーと200円弁当に驚愕

    江東区 亀戸

    亀戸天神社や亀戸餃子なんかがある事で有名な総武線亀戸駅。隣の錦糸町とも近くやけに中国人韓国人貧乏人が多かったりするのも共通点であるが、さらに墨田区DEEPゾーンへ続く東武亀戸線の始発駅もあって、貴方を東京の知らない街へといざなう事請け合い。

    駅北口にはホルモン屋が多数立ち並びお安く内臓を焼いて食べる事ができ、南口には貧民に大絶賛の200円弁当「キッチンダイブ」があり、何故か場末の古びたサウナビルの一角に中国人観光客用の「東京大排档」なる謎の大型中華料理店まである。

    亀戸天神社まで行けばその裏は元花街、その近くにある香取神社の参道には賞味期限切れ食材を「モッタイナイ商品棚」に陳列販売するこれまた貧民大絶賛の「サンケイスーパー」もあるという、なんとも庶民的過ぎる街なのである。激安スーパーには事欠かず、家賃相場も良心的な亀戸は生活環境さえ割り切れば住みやすい街かも知れない。

    賞味期限切れ食品を堂々販売「モッタイナイ食品棚」で話題を集めたサンケイスーパー

    江東区 亀戸

    激安スーパー激戦区でもある亀戸界隈で頭一つ飛び出て存在感を示しているのが、亀戸駅の北側、亀戸三丁目の香取神社参道にある土着スーパーマーケット「サンケイスーパー」である。この店では賞味期限切れ食材を店長自ら試食の上、問題がないと判断したものを「モッタイナイ商品棚」と称した陳列棚に並べて販売している。恐ろしいくらい激安価格で様々な食品が販売されている様子からメディアの注目を集めたようで、ペヤング焼きそばゴキブリ混入騒動の際は民放各局の取材を受けまくり、さぞかしサンケイスーパーのPRになったようです。

    場末の盛り場にあるサウナビルの一角に突然の「九龍城」…亀戸の謎中華レストラン

    江東区 亀戸

    亀戸駅南口、京葉道路の南側一帯にある亀戸六丁目は戦後の一時期赤線地帯として栄えていた場所だったという。しかし今では寂れた飲食街へと姿を変え、その地区の中央にある古びた「サウナ国際」のビルがドヨーンとした佇まいでそびえているのだ。しかしこのビルの一角に謎の「九龍城」があり夜はご覧の通りのギラギラネオンサイン。なんやねんここはと思って調べたら、どうやら日本にやってくる中国人団体観光客を相手とした中華レストラン「東京大排档」の店舗であるという。いっぺんランチで入りましたがアウェー感半端無かったです。

    長野県飯田市の珍スポ神社「貧乏神神社」の分社が何故か亀戸にある

    江東区 亀戸

    長野県飯田市にある貧乏神神社と言えば、貧乏神を主祭神として祀る個人プレイ炸裂系の珍スポットとして一部の好事家には知られているが、それの東京分社がなぜか下町の貧民街であるここ亀戸にあるという。「貧乏神神社亀戸分社」…その神社があるのも何故かショッピングモール「サンストリート亀戸」の中にあるこのミスマッチぶり。飯田の総本山と同じスタイルでお参りできるが、管理人はおらず無人状態。半ば放置プレイをかまされているのが気の毒である。貧乏神だからしょうがないのか…

    その他、亀戸駅周辺の写真集

    江東区 亀戸

    亀戸名物「200円(税抜)弁当」キッチンダイブ。下町亀戸民の暮らしを支える東京最安弁当店

    江東区 亀戸

    亀戸天神社裏にあった「三業地」の跡地。関東大震災後は赤線業者が移転し繁盛した

    江東区 亀戸

    激安スーパーや中華な店が豊富な亀戸中央通りもなかなか凄い

    亀戸駅周辺の地図

    亀戸駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。