綾瀬

住みやすさ指数(5点満点中)
3.6
  • 足立区
  • 「綾瀬」はこんな街です

    • 総合:足立区に抵抗が無ければ割と住みやすい街。千代田線始発駅の強み
    • 治安:東京拘置所が近い。忘れるなコンクリ事件。足立区はヤンキーの街
    • 家賃:千代田線内最安。北綾瀬寄りなら尚安。食事は味安
    • 買物:北口にヨーカドー、ベルクス、南口にビッグ・エーと業務スーパー
    • 食事:串のこたにとパンダグループ。あと酒場多数
    • 外人:韓国人多め
    • 文教:皆無
    • 医療:町医者中心
    • 交通:千代田線、常磐緩行線
    • 災害:駅西側に綾瀬川

    コンクリ事件のイメージよりも利便性で選ばれる足立区の下町

    足立区 綾瀬

    北千住から地下鉄千代田線でひと駅隣の綾瀬。ここから先は千代田線は常磐緩行線として取手まで運行しているが、東京メトロの運賃だけで都心から来れるのがこの街。

    一昔前までは「綾瀬コンクリ事件」の底なしに凶悪な少年犯罪のイメージが付きまとい、長年足立区全体のイメージ低下をもたらしてきた痛い過去が引きずっていたが、東京の住宅需要の高さはそんなマイナス要素よりも勝っており、始発電車が利用できる綾瀬駅の利便性の高さも相まって住宅開発が盛んに行われている。駅周辺の商店街を歩いていてもそれほどヤバそうな雰囲気もしないし、商店も豊富と非常に買い物便利だ。

    足立区 綾瀬

    綾瀬駅周辺は足立区らしい下品なパチンコ屋やゲームセンター等不良の溜まり場っぽい場所も多い一方でコストパフォーマンスの良い飲食街も充実している。

    特に綾瀬の隣町・小菅にある東京拘置所から出所したばかりの元受刑者による「シャバに出たら真っ先に食べに行きたい店ナンバーワン」と言われる「串のこたに」は綾瀬の地における鉄板の最強酒場である。名物の一杯100円「こたにサワー」を片手に串揚げや一品料理の数々が安く美味しく頂ける。これは綾瀬でしか出来ないプチ贅沢だ。

    足立区 綾瀬

    駅北側には水田を埋め立てて整備された「東綾瀬公園」が広がっており公園が大好きなお子様連れにも好評。足立区だから環境が悪いと決め付けてしまっては勿体無いコスパ良好な街、それが綾瀬なのである。

    綾瀬一帯を牛耳る土着外食チェーン「パンダグループ」に注目

    足立区 綾瀬

    綾瀬駅北口の川の手通り(都道314号線)沿いは地元民に「パンダ通り」の異名で呼ばれている。パンダグループという土着外食チェーン店の店舗がいくつも連なっているからだ。「お好み焼パンダ」「ラーメンパンダ」「ラーメンロッジ」「味安」、そして何故か一軒だけ中古車販売店「ビッグパンダ」、さらに通りから外れた所にある「遊食家 楽」の合計6軒の店舗を運営する会社だ。

    足立区 綾瀬

    特に定食店と弁当店を兼ねて営業している「味安」は地元民には非常に人気が高い鉄板のお食事処となっている。写真の通りにボリュームたっぷりの定食・一品料理類は魚系にも強く品数豊富、米は新潟米使用、さらに新潟産の日本酒も多数揃えていて「定食呑み」にも対応。

    足立区 綾瀬

    「お好み焼パンダ」は地元の高校生に人気が高く、90分制でお好み焼・もんじゃが焼き放題食べ放題となっているのだ。綾瀬暮らしには欠かせない足立区庶民の味方、これが綾瀬のパンダグループだ!

    その他、綾瀬駅周辺の写真集

    足立区 綾瀬

    東綾瀬公園の一角にそびえるバブル期の珍建築「東京武道館」は綾瀬のランドマーク。2011年の震災時には福島からの避難民が暮らしていた

    足立区 綾瀬

    綾瀬駅南口には古隅田川の川跡に沿って足立・葛飾区境が走る。境界の川跡は自転車駐輪場。葛飾区小菅四丁目が足立区綾瀬一・二丁目の間に大きく食い込む。

    足立区 綾瀬

    千代田線・常磐快速線のダブル高架下に連なる下町風情きっつい飲食店街。やっぱり足立区らしい

    足立区 綾瀬

    綾瀬と言えば千代田線の盲腸線、北綾瀬行き0番ホーム。将来的には北綾瀬と千代田線本線直通運転をやるらしいが、不便極まりない

    足立区 綾瀬

    さすが足立区クオリティ。街の不動産屋さんの看板もこれです。

    綾瀬駅周辺の地図

    綾瀬駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。