赤羽

住みやすさ指数(5点満点中)
3.8
  • 北区
  • 「赤羽」はこんな街です

    • 総合:交通超至便。埼玉暮らしからステップアップしたいなら赤羽一択
    • 治安:ガラが悪そうだが間抜けな大人が多い分治安の危険は少ない。しょうもない犯罪が多そう
    • 家賃:結構高い。ボロアパートに限ればなんとか
    • 買物:東口はLaLaガーデン、西口はビビオとヨーカドー。エキナカ、ガード下にも豊富にある
    • 食事:安呑み居酒屋天国。住めばアル中必至
    • 外人:中国人、タイ人、フィリピン人など
    • 文教:星美学園というのがあるそうです
    • 医療:赤羽病院等
    • 交通:京浜東北線、埼京線、宇都宮線、湘南新宿ライン、他に地下鉄南北線赤羽岩淵駅
    • 災害:所により住宅密集地あり

    東京でも埼玉でもない狭間のブラックホール地帯。ダメな大人大集合

    北区 赤羽

    東京と埼玉の結節点、都心と郊外の境目に位置する一大ターミナル赤羽駅。JR京浜東北線、埼京線、宇都宮線、湘南新宿ラインと様々な路線の電車が停車し、埼玉県民が都内入りする時の乗換駅として重宝されている他、徒歩10分の場所には埼玉高速鉄道の始発駅で地下鉄南北線の終点である赤羽岩淵駅もある。

    特に駅東口には城北最大級の繁華街が形成されていて、赤羽一番街をはじめ戦後の復興事業で作られた商店街と庶民的な酒場が腐る程豊富に存在している。まるます家、八起、川栄、やきとん米山などカルトな老舗酒場が多数あり遠方からも呑んだくれが集う。

    赤羽界隈で朝っぱらから呑んだくれるオヤジ軍団、いかにもダメな大人が量産されていそうな街並みを見ると何故か心が安らぎ、もっと楽に生きていこうと前向きになれる事請け合い。外国人にとっても居心地が良いらしく、タイやフィリピンや中国な方々がやたら多いです。

    再開発でこざっぱりし過ぎな赤羽駅西口

    北区 赤羽

    同じ赤羽駅前でもごちゃごちゃしまくりでダメ親父が闊歩する東口とは打って変わって西口の再開発ぶりが対照的。再開発ビルのショッピングセンタービビオとヨーカドーがやけに近代的で、そこを抜けると赤羽台団地というマンモス団地が姿を現す。昭和の高度経済成長期から存在していた団地だが、近年建て替えが進められていて、やたら小洒落た街並みに変わっている。こんなの赤羽じゃない!と驚く事請け合いである。

    しかし西口の再開発ビルにある謎の七福神像がやけに胡散臭げで、やはり赤羽という街の磁場のおかしさ故の事であろうか。

    赤羽と言えば馬鹿祭りでしょ。三色旗パレードも見逃せない

    北区 赤羽

    毎年4月末に開催される「赤羽馬鹿祭り」は戦後すぐから続く恒例行事。東京12区(選挙区)で公明党某議員を不動の大勝利に導く北区名物の某教団による三色旗マーチングバンドの演奏パレードやドピンク一色で有名な赤羽在住歴30年以上を誇る赤羽のスーパースター林家ペー・パー子も凱旋するカオスなフェスティバルだ。

    清野とおる先生の漫画がテレ東でドラマ化されて大注目の街

    北区 赤羽

    赤羽の底なしの魔窟ぶりを余すことなくリアルにネタにし続ける清野とおる氏の漫画「東京都北区赤羽」シリーズ。地元赤羽の本屋でも特設コーナーまで設けられる程ピンポイントに沸騰しまくっている訳であるが、2015年1月からは同漫画がドラマ化されテレビ東京系で放送される事が決まっているそうで、色々とヤバい展開になっている。同漫画に出てくる変な登場人物はみんな実在していて漫画で描かれている通りで何の脚色も加えられていないそのまんまな方々ばかりなのがまた凄い所である。

    その他、赤羽駅周辺の写真集

    北区 赤羽

    赤羽では天皇皇后両陛下に次いで有名な「林家ペー・パー子夫妻」

    北区 赤羽

    「まるます家」をはじめ朝から呑める名酒場多数。アルコール度数高い街

    北区 赤羽

    ネタに突っ走り過ぎて訳が分からなくなった店ばかり。この街は磁場がおかしい

    北区 赤羽

    怪しすぎる謎の「忍者パブ」料金1万円也。忍者入門コースは5千円

    北区 赤羽

    神出鬼没の女性ホームレス「ペイティさん」に貴方は遭遇できるか

    赤羽駅周辺の地図

    赤羽駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。