中野

住みやすさ指数(5点満点中)
4.0
  • 中野区
  • 「中野」はこんな街です

    • 総合:交通至便過ぎるが人も多すぎる。静かに暮らすなら南口を選ぼう
    • 治安:たまに変質者や酔っぱらいが居るものの治安の悪さは感じず
    • 家賃:めちゃ高いです
    • 買物:北口南口ともにスーパーも豊富にあり買い物に不自由する事はない
    • 食事:非常に充実している。北口の飲食店街の集積度は凄い
    • 外人:特徴なし
    • 文教:旧警察学校跡地の再開発で早稲田・明治・帝京平成キャンパスが進出
    • 医療:東京警察病院
    • 交通:JR中央線、総武線各停、地下鉄東西線
    • 災害:住宅密集地が多く火災のリスクが高い

    「住んでよかった街」上位ランクイン常連の街だが、人多すぎませんか?

    中野区 中野

    JR中央線快速が停車する中野駅から吉祥寺駅までの間は東京でも屈指の人気を誇る住宅地で、どの駅前で降りても人通りが絶えず栄えている訳だが、やはり最も繁華街として発展しまくっているのが、JR中央線、総武線各停、地下鉄東西線の3線がある中野駅周辺。北口は中野のランドマーク「中野サンプラザ」や中野区役所があり、連日人混みが半端無いアーケード街「サンモール商店街」や隣接するやたらと高密度な飲食店街、それに中野ブロードウェイがあり、土日の雑踏の激しさは閉口してしまう程だ。対して南口はマルイがあるくらいで商店街はかなり地味め。芸能人が通う堀越学園なんかもある。

    また中野は隣の杉並区と並ぶプロ市民の一大拠点でもあり、駅前ガード下の掲示板なんかに左翼臭満載の香ばしいポスターが張られていたり、広場でソッチ系の人がイベントしているのをよく見かける。中野にはマイノリティ系の店も多く、沖縄居酒屋が多数あったり過去にはアイヌ料理店もあった程だが、毎年中野駅前の広場で行われるアイヌ+沖縄系イベント「チャランケ祭」も独特の風情を見せている。

    北口の繁華街界隈は通行人があまりに多すぎるので日常生活の場としてはストレスが溜まりそうだが、普段の買い物をする場所にも恵まれているし便利っちゃ便利。しかし賃貸物件は駅徒歩5分圏内にはあまり無く、早稲田通りを越えた先の新井、野方付近まで足を伸ばす羽目になる。

    近年、中野駅北西側の警察学校跡地の広大な土地の再開発計画が完成し、巨大な複合商業施設「中野セントラルパーク」が誕生、早稲田大学、明治大学、帝京平成大学などの大学キャンパスが軒並み進出雰囲気が一変している。

    中野の存在を全国区に押し上げたオタクビル「中野ブロードウェイ」

    中野区 中野

    中野と聞くと脊髄反射的に「ブロードウェイ」と答えそうになる程有名な商業ビル、中野ブロードウェイ。昭和41(1966)年に建設されたもので上層階は高級マンション、低層階に商業施設が集積する複合商業施設の走りのような存在だが、1980年代以降老朽化に伴って元々の商業テナントが次々撤退、代わりに「まんだらけ」をはじめとした店舗が入居しだして、次第にオタク方向にシフト、サブカルの聖地と持て囃されるようになった。

    中野の九龍城砦と呼ばれる「ワールド会館ビル」

    中野区 中野

    中野ブロードウェイのすぐ東側に広がる飲み屋街「中野新仲見世商店街」の奥にそびえる古びた飲食ビル、その名もワールド会館。かつてはホテルなどもあったようだが、現在見るとオンボロな佇まいにマニアックな匂いを漂わせるスナックばかりが入居している。中野ブロードウェイよりも古い建物であるとも言われ老朽化著しく、オーナーが税金未納問題を起こして水道やガスが止められそうになったり、リアルで色々ヤバイ事になっている。

    その他、中野駅周辺の写真集

    中野区 中野

    中野のランドマーク「中野サンプラザ」も老朽化で建て替え予定らしいです

    中野区 中野

    中野駅北口に伸びる中野サンモール商店街。チェーン店中心で没個性的だが人の往来が激しい

    中野区 中野

    中野駅北口の巨大飲食店街。密度高すぎてどの店に入ろうか非常に悩みます

    中野区 中野

    中野駅南口は一転して落ち着いた佇まい。こんなオツな飲み屋横丁まで隠れている

    中野区 中野

    中野駅前の広場で毎年開催される「チャランケ祭」では沖縄出身者とアイヌ民族(らしき人々)が集まる

    中野駅周辺の地図

    中野駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。