行徳

住みやすさ指数(5点満点中)
3.5
  • 市川市
  • 「行徳」はこんな街です

    • 総合:東西線痛勤が苦にならなければ良いのではないでしょうか
    • 治安:あんまり良くないぞ
    • 家賃:東京駅からの距離で言えば最安クラス。駅から離れるとめちゃ安い
    • 買物:駅前に西友、南口にオツな商店街とマルエツが
    • 食事:ひたすら多国籍。タイ・インド料理店がやたら多い
    • 外人:超絶多国籍タウン。百ヶ国以上の外国人が住んでるそうです
    • 文教:皆無
    • 医療:行徳総合病院
    • 交通:地下鉄東西線
    • 災害:海抜ゼロメートル地帯。あと治安に注意

    東西線沿線・市川の超絶多国籍タウンの実力

    市川市 行徳

    地下鉄東西線で大手町から最短23分という地の利の良さにある行徳駅。昭和40年代に東西線が開通してから開かれた割と新しい街で旧住民の比率が少なく、なおかつ千葉県に属する事から土地の値段がお安く、その影響で外国人人口が非常に多い。百ヶ国以上の国籍を持つ住民がいるとされる超絶多国籍タウンなのである。

    浦安~西船橋間の他の快速通過駅(南行徳、妙典、原木中山)の中で駅周辺を見比べると行徳駅周辺は最も発展度が進んでいるが、近年は始発電車があり駅の開業年が新しい隣の妙典駅周辺の方が住宅需要が高い傾向にある。

    市川市 行徳

    行徳駅前を少しばかり歩いてみると、中国韓国は当然の事としてタイ料理店がやたらと多かったり、インド料理店、それにムスリム系住民向けのハラルフードを扱う食料品店なんかが目に付くのである。極めつけには立派な佇まいの「行徳ヒラーモスク」まで。

    インド人が多いのは同じ東西線の西葛西駅周辺に国内最大級のインド人コミュニティが形成されている事に起因している。同時にインドの周辺国であるネパールやパキスタン、スリランカ、バングラデシュ国籍の住民も多い。ともかく国際感覚を身につけるならうってつけの街かも知れませんよ。

    行徳で外食→アジア飯、行徳で飲む→フィリピンパブ

    市川市 行徳

    ともかく行徳界隈で飯を食おうと思ったら気にならずには居られないのが多国籍極まりない飲食店の数々。インド料理は老舗の「ボンベイパレス」を筆頭として5軒程が、タイ料理も5軒、中華料理も年中混んでる「独一処餃子」をはじめ相当数の店舗が点在している。アジア飯がお好きな方なら選択肢は多いのではないでしょうか。

    市川市 行徳

    一方で夜の部門と言ったら専ら目立つのがフィリピン国旗を掲げたパブやレストランの数々。行徳駅南東側一帯の飲み屋街にはフィリピン料理も食えるスナックも見かけられる。駅前なのに何とも言えない場末感が漂っているのが行徳スタイル。そしてここにはヤカラばかりが居る足立区竹ノ塚のような殺伐感もない。

    そうなるとやはり気になるのは治安の問題です

    市川市 行徳

    多国籍化が進む首都圏であっても外国人に対する抵抗がまだまだ強い日本社会、行徳のような都心に近い割に土地も安く外国人人口が多い街というのは当の外国人にとっては「住みやすい街ナンバーワン」であり、彼らの多くは実際は慎ましやかに暮らしていて勤勉であっても一部には偏見を持たれる事もまた事実。

    しかし「都心からの距離が近い割に土地が安い」「外国人でも誰でも受け入れ易い」という条件は同時に好ましくない人種も流入しやすいという事は頭の片隅に入れて置かなければならない。

    逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

    行徳地域で発生した凶悪事件と言えば、2007年に発生し被告の逃亡生活がマスコミで大きく取り上げられ話題となった「英国人女性殺害事件」が何より先に思い当たるが、それ以上に1992年に起きた「市川一家4人殺人事件」が凶悪過ぎてぐうの音も出ないレベル。新興住宅地であるこの地域の潜在的リスクを感じさせるに充分のものはある。

    その他、行徳駅周辺の写真集

    市川市 行徳

    何の変哲も無い住宅地なのにインド・タイ・韓国料理店が連なる一角。「国際通り」と呼ばれているらしい(笑)

    市川市 行徳

    オツな飲食店とタイ料理店がちらほらある行徳駅南口「南中央商店街」

    市川市 行徳

    行徳の小さなラスベガスか?ネオン看板のフォントがそそる「パチンコ東西線」

    市川市 行徳

    行徳のムスリム系住民御用達、アジア雑貨・食料品「Asian Grocery」

    市川市 行徳

    市橋被告が住んでた某中古マンションの同タイプ一室(3LDK/62.79㎡/1974年築)は販売価格1580万円。参考までに

    行徳駅周辺の地図

    行徳駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。