富士見ヶ丘

住みやすさ指数(5点満点中)
3.1
  • 杉並区
  • 「富士見ヶ丘」はこんな街です

    • 総合:吉祥寺を軸として寝に帰るだけで暮らすなら良し
    • 治安:そんなに悪く無さそうだが夜道には気をつけよう
    • 家賃:吉祥寺より若干安くなるが井の頭線沿線は高級志向なのを念頭に
    • 買物:駅北側に西友。あとは吉祥寺へ
    • 食事:久我山以上に店は少ない。吉祥寺に行こう
    • 外人:特徴なし
    • 文教:特徴なし
    • 医療:町医者中心
    • 交通:京王井の頭線
    • 災害:駅前の神田川が気になります

    駅前葬儀場とサラ金御殿「真正館」でイメージダウン必至の街

    杉並区 富士見ヶ丘

    京王井の頭線で吉祥寺から各停で4駅手前にある富士見ヶ丘。高井戸と久我山の間に挟まれているが両駅は徒歩でも行ける程に近く生活圏はほぼ同一。しかしここの駅前一等地にあるのが葬儀場というのがまた泣ける。2010年頃に訪問した時には駅前商店街のあちこちに「葬儀場絶対反対」の幟や横断幕が掲げられていたが、結局押し切られた形になっているようで。

    久我山とは違って各駅停車しか止まらないのもあって、井の頭線沿線の中では不人気さが感じられる。駅前商店街も人通りが乏しいし、全体的に陰気臭い。あと西武池袋線の富士見台と紛らわしいのも問題がある。

    武富士御殿「真正館」は今も街のど真ん中に鎮座する

    杉並区 富士見ヶ丘

    で、この界隈で最も目立つ建物と言えばかつてサラ金業界のトップに君臨していた武井一族が自宅として所有していた、総工費30億円を掛け敷地約1500坪、延床面積約600坪を誇る大豪邸、武富士御殿もとい「真正館」。館内は数十人の宿泊が可能で上級社員研修の場として使われていた他、武富士ダンサーズも踊っていたであろう大ホールや地下にプールまであるという贅沢っぷり。

    高度経済成長期に主婦向け団地金融でのし上がり、1993年に長者番付全国一位となったサラ金業界の雄も相次ぐ過払い金返還請求であれよあれよと言う間に倒産。2016年1月現在真正館は別のオーナーに引き継がれているものと見られるが、土地建物は未だにありきちんと管理されている。

    その他、富士見ヶ丘駅周辺の写真集

    杉並区 富士見ヶ丘

    駅前一等地にそびえる葬儀場「富士見ヶ丘駅前ホール」が街のランドマークです

    杉並区 富士見ヶ丘

    以前は「葬儀場絶対反対」と書かれた幟が大量に掲げられていた

    杉並区 富士見ヶ丘

    駅前の富士見ヶ丘商店会。やはり久我山同様パッとしない街並みである

    杉並区 富士見ヶ丘

    武富士は居なくなったようだが味な居酒屋「野武士」ならあるようです

    杉並区 富士見ヶ丘

    新しい橋上駅舎の階段部分は富士山の稜線を意識したデザイン。駅名とは裏腹に富士山は滅多に見えず

    富士見ヶ丘駅周辺の地図

    富士見ヶ丘駅
    The following two tabs change content below.
    DEEP案内編集部編集長。取材から執筆まで一通りやっております。趣味は街歩きと街弄り。

    最新記事 by 逢阪 (全て見る)

    DEEP案内編集部のnote

    知ってました?DEEP案内編集部のnote

    ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。